三栄商事株式会社は、工作機械・鍛圧機械・産業機械・試験機・測定器などFA機器の総合コンサルタントです。

社員ブログ blog 若いチカラを 社内のイベントなどをブログ形式でお伝えします

安全について

2016年02月01日 11:22:50

暖かい年末年始の後の寒波でしたが、皆さん体調崩されていませんでしょうか。

 

私自身は1月4日に年始の陽気に誘われてバイクで近場のショートツーリングに出かけた所、落ち葉で滑って転倒事故を起こしてしまいました。

 

他者や物を巻き込む事なく、単独で済んだのは幸いでしたが、

体のほうは

・右肋骨のヒビ2箇所

・右中指のヒビ1箇所

・右鎖骨の斜骨折

と、いろいろダメージ受けてました。

 

固定具による多少の不自由を感じながらも業務は出来ているのが幸いです。

 

病院の先生曰く

「革の上下と内部プロテクタを着用していたおかげでこの程度で済んだろう」

「ジーンズとかだったら膝も砕けてたよ」

との事でした。

 

警視庁の統計によると過去3年間の二輪車での死亡事故、重傷事故での損傷部位、

第一位は頭部(死亡事故46.6%、重傷事故32.5%)

第二位は胸部(死亡事故28.8%、重傷事故11.5%)

となっておりこの2箇所で死亡事故の8割近い数字を占めています。

 

ヘルメットという法律で決められた保護手段がある頭部に比べ(その割に死亡事故が多いのは非着用やアゴ紐等の締め忘れによる脱落だそうですが)胸部他の保護義務や保護具の能力については明確な規定が設定されておらず、一般的にも認知されていません。

このあたりはCE規格という保護具の機能に関するガイドラインがある欧州の方が遥かに進んでいますね。

 

バイクに限らず、ロードサイクル、スキー、スノーボード等、スピードと転倒がついてまわる趣味を楽しまれている方も多いと思いますが、安全装備等、一度見直されてみては如何でしょうか。

 

 

浜松 T

三栄商事

設備材の総合コンサルタント 三栄商事株式会社

三栄商事

三栄商事は創立60年を超える歴史ある会社です。
お客様の利益につながる商品を提供するため、平均年齢35歳の若い営業マンが日々奔走しています。

こんな人が書いています。

代表取締役 後藤正幸

代表取締役 後藤正幸

企画準備室 鬼頭俊介

企画準備室 鬼頭俊介

女性社員

女性社員

PAGE TOP