三栄商事株式会社は、工作機械・鍛圧機械・産業機械・試験機・測定器などFA機器の総合コンサルタントです。

社員ブログ blog 若いチカラを 社内のイベントなどをブログ形式でお伝えします

ブログ内検索

最新記事

天候予測器!
(07/12)
台湾旅行
(07/11)
海外通販
(07/03)
毎年恒例 田植え
(06/19)
温泉と海賊船
(06/11)

カテゴリ

映画を観ていて

2018年03月13日 12:54:54

私は映画が好きだ。
最近は、とある理由で観る機会も減ってしまったが。

 

映画を観ていると、色々な発見がある。

 

少し前だが、MW(ムウ)という手塚治虫原作の映画があった。
内容は簡単にいうと、当局がある事実を隠ぺいする為に、ある村を消滅させた。
その生き残りの2人が、日本とタイを舞台に、その秘密をめぐり行動を起こしていくサスペンスである。

 

 

その映画の中に、タイのBTS(高架鉄道)と車のカーチェイスの場面が出てくるが、
何かすごく見覚えがあるものが、目に飛び込んでした。
BTSの電車の側面には、でかでかと“DAIKIN”“ダイキン”のロゴと文字がラッピングしてある。
弊社の取引先でもある、ダイキン工業さんのロゴだ。
その場面は、約5~10分も続き、スクリーンいっぱいに“DAIKIN”の文字が広がり、
否が応でも、その映画のストーリーは忘れても、その場面だけは頭の中に焼き付いてしまった。

 

これって、広告費に換算すると、相当な額になるんじゃないか?

 

一度、ダイキンの人に聞いた事がある、あの映画に出資や広告代を払っているのかと。
すると、誰もその映画さえ知らなかった。

 

偶然ただで、ダイキンの名前を、スクリーンいっぱいに10分近くも出して貰えたのか、
企業CMとして、相当なメリットを得たと思った。

 

しかし、ダイキン工業さんとして非常に残念だったのは、
そのMWという映画が思ったほどヒットしなかった事であろう。
もし、寅さんや釣りバカ日誌くらいに、大ヒットしていたら、
それこそ企業CMとしては、破格の広告費に換算出来ただろうに。

 

E.O

三栄商事

設備材の総合コンサルタント 三栄商事株式会社

三栄商事

三栄商事は創立60年を超える歴史ある会社です。
お客様の利益につながる商品を提供するため、平均年齢35歳の若い営業マンが日々奔走しています。

こんな人が書いています。

代表取締役 後藤正幸

代表取締役 後藤正幸

企画準備室 鬼頭俊介

企画準備室 鬼頭俊介

女性社員

女性社員

PAGE TOP