三栄商事株式会社は、工作機械・鍛圧機械・産業機械・試験機・測定器などFA機器の総合コンサルタントです。

代表挨拶

会長メッセージ

原点を忘れず、お客様の繁栄の一助となる。

三栄商事の創業は、戦後間もない1946年。当時、物不足で稼働すらおぼつかない状況の中で生産工場をまわり、消耗品で手に入りにくかった工具を販売していたと言います。「お客様、仕入れ先が栄えてこそ私たちが栄える」。創業者であった先代の、お客様に対する真摯な姿勢が受け入れられたのか、少しずつ取引先は増えていきました。そして、時代の歩みに合わせて、私たちの商品は産業機械へと変わります。モノづくりの現場で使われる工作機械、測定器、機器商品、さらには産業用ロボットといった領域にまで広がりました。営業地域も、東海地方から、今では中国、タイ、インドネシアとアジア圏にも届いています。しかし、商品が変わり、営業先が広がっても根っこの想いは変わりません。お客様が技術力を高めたいときは最新鋭の工作機械を提案し、生産能力を高めたいときには効率化の計画をお持ちする。そのときどきに、『お客様が儲かる商品を売る』。これが、私たち三栄商事が今まで大切にし、これからからも決して忘れることのない原点です。代表取締役会長後藤正憲
後藤正憲

社長メッセージ

後藤正幸

商社として、さらなる価値を生み出していく。

三栄商事は、60余年の歴史のなかで少しずつ信用と実績を積んできました。それは、仕入れ先600社、取引先1000社という数にも現れています。今後も、『お客様が儲かる商品を売る』という理念は変わらず、お客様と仕入れ先が栄えるために歩み続けていくでしょう。そのために、私はこれまで以上に商社しての価値を高めなければいけない、と考えています。今までは、お客様に最適な商品の提案をすることで、お客様の事業をお手伝いしてきました。これを、商品販売だけではなく、もっと深く貢献していきたい。たとえば、お客様の商品を売るお手伝いや、市場のプロとして商品開発のお手伝いができないだろうか?…まだ構想段階のものも多いですが、すでに中国では国内メーカーと合弁会社を作り、メーカー機能を備えた事業を展開しています。他にもお客様の商品を他業界に展開する事で、新たな市場を開拓したケースも生まれてきました。これらはまだ、ほんの小さな芽なのかもしれません。けれど、いつか花を咲かせるためにも、他社ではできない、三栄商事ならではの挑戦を続けていきたいと思います。代表取締役社長後藤正幸
PAGE TOP